遺品整理 

プランで決める

本堂

日本では長い間故人のために遺族が盛大に葬儀を行い、成仏させてあげるのが一番良いことであると信じられてきたのです。盛大な葬儀とは一般葬を指し、通夜と告別式を二日間にわたって執り行い、火葬にして埋葬してあげるのです。しかしこうした葬儀の考え方は現代では必ずしも一般的ではなくなってるのです。結婚に対しての価値観も多様化しているように、葬儀に関しての価値観も多種多様になっているのです。一番良い葬儀とは故人の意思を汲んで、故人が希望する方法で送り出してあげることが大事なのです。そのため家族は日頃から自分の最期の瞬間をどのように行いたいのか、何か葬儀の方法で希望があるかなど話し合いの場を持っておくことも大事なのです。

最近では知人や友人、会社の同僚など沢山の人に葬儀に参列してもらうよりも、家族だけでじっくりと最期のときを過ごしたいと考える人も多くなっているのです。こうしたごくごく限られた家族や身内だけで執り行う葬儀を家族葬と言うのです。この葬儀の方法は最近オトレンドになりつつあり、どの葬儀会社でも家族葬プランを提案してくれるようになっているのです。家族葬の良いところは、家族水入らずで別れを惜しみ、しっかりとお別れの区切りを付ける事ができるのが魅力です。また友人、知人といった会葬者に気を遣わずにすむのが魅力でもあるのです。そして最も家族葬でメリットがあるのは葬儀費用が一般葬に比べても非常に安いということなのです。葬儀費用は一般葬の四分の一以下で、25万円前後が相場になっているのです。